山本修夢公式サイト

OsamuYamamoto Official Site
Осаму Ямамото официальный сайт

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
(2015鑑賞 78)『天空の蜂』


タブーを
ここまで素晴らしい
エンタテインメントに
仕上げられた堤監督
本当に素晴らしいです。
(前作『イニシェーションラブ』も
最高でした‼︎)

原子力発電とテロリスト。
そしてそれらと対峙する者達の
幾重にも重なりあった人間模様。

手に汗握る緊迫の展開はやがて
登場人物達のバックボーンと痛みを
明らかに。

犯人の痛みと犯行動機に
今日の原子力発電と人間の関係が集約されて
いるかのよう。

そして20年以上前に書かれた原作は
まるで驚愕の予言の書。

黒澤明監督の『夢』のシーンも
予言のようであったなと想起。
スポンサーサイト


MOVIE DIARIES | trackback(0) | comment(0)

管理者にだけ表示

トラックバックする(onlyfc2user)
アーカイブ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。