山本修夢公式サイト

OsamuYamamoto Official Site
Осаму Ямамото официальный сайт

(2016鑑賞 12)『キャロル』


ケイト・ブランシェットの妖艶



ルーニー・マーラーの色香



二大女優の競演に魅せられる。

魂が求めあうような恋。
情念が燃えるような官能。

耽美的映像で描かれる
キャロルとテレーズ
二人の恋。

惹かれあい、求めあい、そして傷つけあい…

観客も二人を観ながら
まるでこの恋の共犯者の
ような気分になる。

劇中での車の二人旅。
この旅は
心を整える旅であるはずが
どこか逃避行のようでもあり
そして何か巡礼の旅のようでもあり
軽々しくロードムービーなどと
言えない崇高さがある。

旅の終わりに
二人が見つけた答えは哀しく
でもきっと生きるとは、現実とは
そういう事なのだろうと思わせられる。

この恋を否定も肯定も出来ない。
だけど二人の愛の形に共感してしまう。

倫理的には許されなくても
魂でつながるソウルメイト二人の
一生に一度の恋。

そしてその愛の裏側なのか一部にあるのか
人間の存在故にある
孤独という物を想う。

素敵なラストシーンに
キャロルとテレーズの幸せを願はずには
いられない。
スポンサーサイト


MOVIE DIARIES | trackback(0) | comment(0)

管理者にだけ表示

トラックバックする(onlyfc2user)
アーカイブ