山本修夢公式サイト

OsamuYamamoto Official Site
Осаму Ямамото официальный сайт

舞台『永遠の一秒』

昨日は
横浜での
ビデオシネマの撮影を終え
東京グローブ座に

舞台『永遠の一秒』を
観劇して来た。

太平洋戦争
戦時下
出征せんとする
特攻隊員が
現代に
タイムスリップ
するという本作の
展開は
名作『ウインズ オブ ゴッド』を
彷彿とさせるような
作品。

特攻隊員役の方々の
熱く
胸揺さぶるような
演技に
色々な事を
感じ考えさせられた。

あの日
あの時
命を賭けて
散って行った
特攻隊員の方々が
現代の日本に
タイムスリップをするという芝居を
観劇していたその日

ニュースでは
尖閣諸島沖漁船事故で逮捕された
中国人船長が
日本政府により
釈放されたと報道されていた。

今この国を
特攻隊員の方々が
見たら
一体何と言われるだろう。

怒り、
嘆き、
悲しみ、
誇りも魂も何も
感じられぬような
国家になってしまったと
憂うに違いないんじゃないかと思った。

作品中の
特攻隊員の
『我々に大義などなかった。』
という台詞があったが
大義なくとも
命賭けで国を思い
戦った事実は
紛れもない。

そんな方々に
恥じぬ国に生きる
人間でありたいと
観劇し思った。


スポンサーサイト


MOVIE DIARIES | trackback(0) | comment(1)

管理者にだけ表示
ご無沙汰しております。
急に寒くなりましたね。体調など崩されていないでしょうか?
この舞台はいつまで公演されてるのでしょうか?是非とも観に行きたいです。

おさむさん、ウインズオブゴットご存知なんですね!
2010/09/28 Tue| URL | みかん | edit

トラックバックする(onlyfc2user)
アーカイブ