山本修夢公式サイト

OsamuYamamoto Official Site
Осаму Ямамото официальный сайт

(2015鑑賞 23)『バードマン』
アカデミー賞初め数々の賞を受賞した話題作。

確かに素晴らしい作品。
『バットマン』が『バードマン』となったり
セルフパロディーやアイロニックなメタファー
がスタイリッシュな映像と音楽の中 連打される。
フェリーニ『8 1/2』やデビットリンチ作品、
カサヴェテス『オープニングナイト』、
三池崇史監督『喰女』等の過去の名作を想起。
俳優役の主人公の舞台稽古が
佳境を迎え 主人公は研ぎ澄まされ
現実か劇世界か空想か妄想か
境界線を外れて生き方を見失う様
共感すべきでは無いのかもしれませんが
この世界に関わる者として
とても理解しました。
マイケルキートンの存在感がずば抜けて秀逸。
もう一度観てみようと思います。
スポンサーサイト


MOVIE DIARIES | trackback(0) | comment(0)

管理者にだけ表示

トラックバックする(onlyfc2user)
アーカイブ